青葉の森 30キロラン

 2月15日は晴れ、千葉市の青葉の森で、ランニングの大会が行われた。色々な種目があるが、小生は、30キロにエントリー、10時40分から走った。年末から左足に違和感を覚え、最近は筋が伸びないという悩みにさらされながら、1月8日にはカイロプラックテイスを受け、それ以降は、ストレッチを中心として調整してきて、今回のエントリーとなった。それまでの走行距離は100キロくらいだった。最初から、半分までは、5分30秒のペースメーカについていく事が出来たがそれ以降は、崩れた。最後まで、走れたが、時計は、3時間弱という結果に終わった。15キロまでは、足を気にせずに走れたが、それ以降は、痛みとの戦いになった。棄権をせずにゴールしたが、自分としては、いまいちだった。体調管理の大事さをしみじみと感じた大会だった。一緒に走った、長谷部さん、佐藤さん、黒岩君には、はげまされた。仲間がいるというのは、お互いに励みになるし、お互いが成長できるチャンスがあるという事で、素晴らしい、機会である。走り終わって、自分の体の状態が悪くなっていない事を確認にして、安心した。

0 コメント

2020年最初のML(甘夏)

 青果店を覗いた。あった、甘夏が多分産地は、熊本だろうと思った。4個ほど買ってきて、MLづくりを始めた。買ってから5日程経っていた。いつもの手順は変わらない、シンプルにするために、材料は、甘夏のみにした。皮を剥き、短冊状に切った。端は使わない。3個分を作り、煮こぼして、1昼夜、水にさらす。次の日に、実の方の果肉を集める。種を分ける。種を金網に入れて、つるして一緒に煮ると、ペクチンが取れる。煮込むためには、白ワインを300グラムくらいいれて、ひたひたにする、20分ほど煮て、皮(新しい川と冷凍の去年の皮を1:1くらいで入れた。)を投入して、砂糖を200グラム入れる。40分ほどで完成だ。ペクチンの量を気にしていたら、足りないことがわかり、リンゴのペクチンの粉を追加した。すっきりした味のMLに仕上がった。250グラムで4瓶ほどの量になった。いつみてもきれいな黄色である。69回めの作成であるのでM69と記入した。

2 コメント

2001年の年賀状・・・

21世紀 謹賀新年

 

通信で(謹んで)新年のご挨拶を申し上げます。本年も(本世紀も)よろしくお願い申し上げます。

 

20世紀それは、戦争と革命の世紀と生徒に教えてきました。確かに大局的にみれば、そうでしょう。しかし、

自分史的に見れば20世紀は特に自分が生きた後半は、戦争と革命を身近に見ながら自分のものにできなかった、

そんな世紀に思えます。自分自身の自己変革をしたようで、できない自分の存在を何度意識したことでしょうか、

そんな中で暮らしを作ってきたような気がします。

 

21世紀は自分に忠実に生きていくしかないような気がします。自分の意識を確認しつつ、自分のやりたいことを

意識しながらそれをどう実現していくか、或いはそれをどう抑えていくか。そのへんが、これからの勝負だと

思います。自己と他己との共存、それがこれからの課題だろうと思います。ますます狭くなる地球で自分の真価か

問われるそんな時代かな思います。自分という狭い殻と自分以外というひろい殻の調和をどうとるかが問題です。

 

考えながら毎日生きていきましょう。   21世紀のご健闘を祈ります。

 

2001年1月1日                               川井益雄 自宅にて

 

 

というファイルを見つけたのでアップします。

20年前の自分が見えるような気がしました。45歳の自分のありようがあらわれて

いるような印象を持ちました。現在に自分は、どうだろうか、自問自答です。

人は、自分は何だろう、どうゆう生き物なんだろうかと絶えず問い続けて生きていくような

気がします。ある時、わかったと思いながら、またわからないなあとぶつぶつ言いながら

今日も一日が終わる。この年の9月、世界貿易センタービル2棟がテロで崩れる。テロとの

戦争が始まる、今も終わらない。

2 コメント

2019年が終わり、2020年の年賀状

 数時間早いですが、2020年の年賀状を公開させていただきます。生活リズムが夜中まで持たないのでお許しください。今読んでいる本は、『脳を鍛えるには運動しかない』と『人はなぜ走るのか』です。この本に出会えてうれしかった。人間とは何か、男とは何か、女とは何かという基本的な質問に人間が一番長く生活した中で、獲得して固定化していった習性、つまりDNAの構成を教えてくれるような気がしたからだ。文明が発展して、人は進化したが、依然として争いは絶えることはない。寿命は延びたが、多くの人が、病気で苦しみ続けている。男と女しかいないけれども、その中の問題は一向に解決しないし、むしろ複雑化している。健康志向のブームがいつ果てるともなく続いている。これらの問題の背後にあるのは何だろうか。文明の進歩が人間の生活リズムの時計を超えて、進んでいる。人が追い付いていないというのが現状ではないかとすら思える。人間の本性を考えながら日々生活するのは、楽しいものである。果たして解明できるのだろうか。いま考えているのは、理想的な人間の生活リズムの原点は、一番長い時期を人類が経験した、狩猟採集時代に求める事が出来るのでないだろうか、という事である。走りながら考えていると、疑問の一つ一つが成程という言葉とともに頷けるのが不思議である。人は動物である。ゆえに動くものである。従って、歩く走る事が好きである。むしろ走らないと、いらいらするかもしれない存在なのかもしれない。

7 コメント

建仁寺垣根を作る

 11月23日と24日は、建仁寺垣根の制作に携わった。あいにく、両日とも雨の様子で、作業は困難を極めた。午前中から解体を行った。1坪と45センチ幅の直角の垣根がついた、生垣だった。両面張りだったので、立子の数は、42枚と10枚だった。解体を進めるうちに、構造がよくわかってきた。胴縁の中には細い木の棒が入り、立子と立子に間には、竹の薄い板が入って、立子の整列を導く構造になっており、立子の固定には銅線が使われていた。緻密な構造だった。柱は、セメントの上にねじ止めだった。胴縁の中の木と、針金の構造を受け継ぎながら、作業を進めて、立子の整列までやった。胴縁の取り付けは、仮止めまでになり、次に日になった。次に日は、胴縁をつけながら、棕櫚縄で締めながら、両端を釘打ちした。4か所、三ケ所、交互に行って、最後の頭まで行った。1日半の仕事だった。両面の建仁寺垣根は、大変だ。二人でないと出来ないことが分かった。とてもいい勉強になった。棕櫚縄の結ぶはまだまだだ。

0 コメント

さんまマラソン2019 11・17にて

 ご無沙汰してます。元気でしたが、ブログの更新が滞っていました。今日は、今シーズンの初めてのハーフマラソン、第7回銚子さんまマラソンでした。練習不足の久々のハーフでしたが、1時間45分を切ることが出来ました。全くうれしい記録でした。キロ5分を切っていますのでね。完走後に食べたサンマの味も格別でした。60代は、百五十人程参加してましたが、12位でした。励みになる記録です。気温も、去年程寒くなく、太陽の恵みもあり、短パンと、半そでTシャツで充分でした。どれだけ、気分良く半分まで行けるかが、自分との戦いに勝利出来る判断基準かな、と思えた試合でした。若い人たちに囲まれて、若いエネルギーをもられた大会でした。一緒に参加した長谷部さんと、佐藤さんとの関りも、今回の記録に、繋がっているなと実感させられた大会でした。人と人のつながりが、更にそのつながりを繋がりを強くして、積み重ねていくことで、また更にそのつながりを強化していくことが、実感できた時間でした。帰りに入った温泉と、煮干し味のラーメンは、うまかった。充実した1日だった。

 

3 コメント

7,8月は何をしていたか・・・

 ブログの更新が滞った。7月は、植木の仕事が、予想以上に入り、忙しく、ブログ更新の精神的余裕がなかった。そのことは、走りと筋トレにも如実に反映され、走行距離と回数に現れた。体力的にたるんだかもしれない。8月に入りこれではいけないと思い、暑い日々が続いているが、走る時間を午前5時に換えた。少しでも涼しい時期に走ってしまおうという作戦にした。これまでは、朝の連続ドラマ終了後に走っていたので、一大英断になる。そのおかげで、8月は、現在のところ、100数十キロになっている。朝の水やりには、苦労した。写真は、2階ベランダのPFである。30個程実をつけたので、蕾を取り、実の充実に期待を込めた。あまり大きくないけれども、いい感じに、育っている。肥料も化学肥料と、有機肥料を与えて、水も1日2リットル以上与えている。色がついて、皺を出している個体が出てきた。

続きを読む 2 コメント

6月は何をしたか・・・

 もう6月も終わろうとしている。私は何をしていたのだろうか。左の写真は、PFである。6月になって、成長が始まりベランダに挙げた鉢は、1本だけながら、順調に生育している。現在、9個の果実を確認している。蕾は毎日ほぼ咲いている。今日も、4個ほど咲いて、幸い人工授粉をすることが出来た。これで13個は確保したかもしれない。定期的に化学肥料を追肥として与えている。今年は、何個取れるか、わからない。栽培4年目を迎えて、やっと報われた感じがする。今月中に、前に紹介した、越冬したPFがあるので、それの元気のよい苗を、もらい挿し木したい。確保した枝は、メノネデールに浸して、挿し木をしたい。来年の,株を作ろうと思う。そうそう挿し木といえば、今年は、良く挿した。3月には、イチジクの枝を無造作に6か所くらいに挿した。雪柳も挿した。宇津木も挿した。

 

続きを読む 2 コメント

今年のさくらんぼ・・・

 3月の上旬に花をつけたサクランボは、5月の上旬になるころには、写真の通り感じになった。2月の剪定で、全体を低くして枝数を落とした。また、花をつけて3,4週間目に摘果を行い、全体ではないが、一枝に10果程度にしてみた。やった枝は、二日掛けたが、全体の三分の一かもしれない。十分とはいえないまでも、昨年よりは摘果をやったので、その効果が出て、少し実が大きくなったように感じた。逐次、実が赤くなってきた。去年までだと、赤くなった時点で、鳥の餌になっていたので、今年は、秘密兵器のテグスを、天辺を除いて張り巡らしてみた。効果は抜群で、樹の中に鳥は入ってこなくなった。赤くなった実を毎日取りつつ、暮らすことが出来た。自然の甘みを持った、果実を獲得できた。

続きを読む 0 コメント

4月は庭いじり

 3月の佐倉マラソンから、走り続けて、今日4月16日現在で、この月は100キロを走っています。寒暖の差が激しく、仕事もないので、緊張感がなく、風邪をひいてしまいました。熱は出ないが、代わりに咳が出る始末で困っております。今によくなるのでしょう。さて、庭に目を点じると、壁際に植えた、レモンが3年目を迎え、枝に花芽をつけていました。小さい芽が、花芽か葉芽かは小さいうちにも判然としていて、うれしい。南むき、北向き、東向きの枝に沢山の花芽を確認できた。毎日成長を見守る。枝によっては、先端部に沢山の花芽を作ってくれている。葉芽がないので、受粉後の栄養補給はどうなのかと心配してしまうほどである。中の小さい枝にも花芽がついている。どのような花が咲くかは、楽しみである。

続きを読む 0 コメント

佐倉健康朝日マラソン3回目・・・

 3月24日(日)、快晴のこの日、佐倉のマラソンに3回目のエントリーをした。1回目は、4時間10分台、2回目は20キロ過ぎで足を痛めて、4時間40分台、3回目の挑戦である。同僚のH氏と共に、参加した。9:30分、スタート、1時間前にトイレに行っていたので、走ってすぐに、尿意をもよおしてきた。まずい、と思いつつ、吸収されることを願いつつ走った。1週間ほとんどアルコールを抜いていたので、體は軽かった。8キロ過ぎには、尿意が強くなったが、途中にあるトイレは、数が少なく選手たちが並んでいる。ロスタイムが大きくなるので我慢、14キロ過ぎに、たくさんのトイレが置いてるところで、トイレに入る。4時間のペースメーカーは、はるかかなたに行ってしまったが、事後、體は軽くなり、すーと追いついた。30キロまでは、ペースメーカーを置いてきぼりにして、気持ちよく走れたが、そこからは体が重くなりペースが落ちた。止まることはなく、完走できた。記録は自己最高のネットタイム3時間55分台を出すことが出来た。充実した一日だった。同僚のH氏も自己記録を1時間以上更新できた。鶯の鳴き声を聞きながら走れた今回のレースは、楽しかった。留守を守った妻に感謝したい。美味しい酒を飲むことが出来た。

 

2 コメント

さくらんぼ咲く・・・

 3月10には、赤く膨らんだ蕾がちらほらと開き、13日には、暖かい日差しの中で、満開となった。今年は2月に、上の方の枝を大きく間引いて低くしながら枝数を減らした。開放形を意識した枝ぶりを作ろうとしたためである。昨年に比べると、花の数は少なく感じられる状況だ。全体に横に広がった形になった。2年前に植えた、暖地桜桃は少し成長して育ち盛りなのか、花芽は数か所だけだった。受粉樹には程遠い状態である。満開の花には、数多くの虫たちが集まり、受粉作業をもくもくと果たしてくれているようである。3週間後には小さい実が鈴なりになるでしょうから、摘果をしなければ、収穫時の程よい実の大きさは確保できなことになる。4月の初めには、摘果作業が待っていることになる。動き出した感がある。

0 コメント

20年の時を超えて

 2月23日(土)に、今はなき幕張西高等学校のバドミントン部の久しぶりのOBG会が、千葉で行われて、小生も呼ばれて、楽しいひと時を過ごした。当時の先輩のA氏もお元気な様子で、ほんとにうれしい会になった。長い月日をお互い過ごしているが、会えば、一瞬で、その時間は、超越して、その当時のその時の関係性に結びついて、一体化できる。こちらは、日々老化しているが、あった瞬間に、その当時の関係性にすっぽり入れる。皆、それぞれ、その場所で、一生懸命生きていて、その手ごたえを語ってくれる。生きている手ごたえを伝えてくれるのは、ほんとに、ありがたい。負けじとこちらも、今を語る。それぞれの成長を感じつつ、いろいろな話を聞けるというのは、まさに楽しい事である。40代半ばで、たくましく生きる、昔の選手たちを見ることは、正に教師冥利に尽きることである。先輩もまだまだご活躍で、うれしい限りである。また、このような機会を持ちたいと思ったたのは、僕だけではあるまい。明日への活力をもらったひと時だった。幹事さんありがとうございました。

2 コメント

マーマレードは奥が深い

 2月になり、仕事が一段落、市場に田ノ浦の甘夏が出回り、うれしい季節になった。手元には、リンゴをベースにしたペクチンの粉末があり、砂糖、ワインがあるので、作ってみた。今回は、ペクチンがあるので、甘夏の袋は極力使わないようにした。結果は写真の通りである。透明度や甘さは今までと同じで大人の味を追求した。グラニュー糖なのでテカリもでたので、色もきれいだ。味は、素材の味を十分に引き出したものと考えている。砂糖の量が少ないので、開缶後は、すみやかに食していただくのがベターだと考えている。トロミをコントロールできるようになったことが、今回の収穫である。

続きを読む 0 コメント

マーマレードを追求する ・・・甘夏編

 1月も終わりになるが、市場に甘夏(田ノ浦)が出回ってきていたので、さっそく購入、ついでにアマゾンで、トロミのもとになるペクチン(リンゴから抽出)も同時に購入して、マーマレード作りをまたもや始めた。今回は、シンプルを目指した。材料は、3つだけ、すなわち、田ノ浦の甘夏(400グラム級3個)とグラニュー糖、そして白ワインのみとした。種から出したペクチンは使ったが、袋に入った実をミキサーにかけることはしなかった。袋から身を取り出して煮て、あく抜きした皮を投入してさらに砂糖を加えて、煮た。粒状のペクチンは、お湯で溶いて、10グラム分を用意して、最後に投入した。程よく煮えたところに投入したペクチンは、すぐさま効果を現し、トロミを見せてくれた。透明度のある、シンプルな味の大人のマーマレードに仕上がったような気がする。ペクチンの粉末に砂糖が入っているので、グラニュー糖は、最小の150グラムを投入しただけだった。五ビン出来た。

2 コメント

ML作り、レモンと柚子

 12月に、近くのKさんから、自家製檸檬をいただいた。完全無農薬の完熟檸檬である。ホワイトリカーでレモン酒をつけたが、残りでMLを作ってみた。レモンだけではとろみが出ないので、柚子に登場してもらって、酸味を調整してもらいつつ、トロミに協力してもらった。柚子の威力は強力で、夏ミカンだけの時よりよほど強力だ。おかげで、いいトロミのMLに仕上がった。完熟檸檬の酸味が、いいアクセントになったパンチ力のあるMLとなった。正統派とは違う、味わ深いものとなったのは、全くうれしい事である。柑橘類は、奥が深い、いろいろな味のMLがあっていいのだと思う。自分は恵まれている環境にあることを改めて実感した一品であった。クリーミイなものが出来た。

0 コメント

2019年の年賀状 公開

 本日(大晦日)日付が変わるまで起きて入れないような状態なので、一足早く、2019年の年賀状を公開します。謹賀新年、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

 セブンイレブンで立ち読みした、その中である本から、目からうろこの、事実を見つけた。それは、人間の基本的欲望は、【生きたい、知りたい、仲間になりたい。】この三つですべてだ。というもの。全く、その通りだなと思わされた。自分の欲望に忠実に、還暦を過ぎた、第二の自分は従って生きて行こうと思った瞬間だった。人生はシンプルにすればするほど、解が明瞭になるような気がするので、その線で、生きて行こう。自分の体に体調を聞きつつ、その声に、耳を傾けながら静かに生きていく。それでいいのだ。

2 コメント

季節外れの夏みかん?!

 シルバーの先輩から、夏ミカンをいただいた。まだ早いと思ったが、食べてみたら、ジューシイで程よい酸味が効いていて新鮮だった。収穫した木はもう伐採していて今はもうない。貴重品だ。早速、素材の味を引き出すべく、MLの制作に取り掛かった。皮は、刻んで煮込んで、更に2日間晒した。おかげで、えぐみは全くなくなった。皮の一部と種から、ペクチンをいただき、本体に混ぜて、とろみを作った。刻んだ皮が若干厚かったが、煮込みを調整して、写真の通りの出来上がり。食べてみると、正にシーズン初めのMLを飾るのにふさわしい味のMLになった。砂糖はグラニュー糖を200グラム使い、甘さを抑えて大人のMLに仕上げてみた。完全無農薬のミカンであり、自然の恵みが、詰まった逸品である。

0 コメント

会津の初雪・・・

 89歳のおふくろから、会津の初雪のメールが昨日来た。大した積雪ではないが、白くなっているという。とうとう冬到来である。猪苗代は、20センチくらいあるという。磐梯山も雪化粧しているだろう。会津は半年に亘る雪に埋もれた季節に入るのだ。じっと我慢の季節の到来である。千葉は今日寒かった。一番の寒さだったという。シルバーの6時間の仕事をしたが、さすがに股引を履いた。地下足袋も寒い。現地で地下足袋を履くすべを覚えた。まだまだ忙しい日々が続く。さっぱりしました、これで正月が迎えられます。という言葉を励みに日々、剪定作業と清掃作業に従事している。植木職人3年目となる。

2 コメント

銚子のサンマは旨かった!

 ハーフを走った後の、サンマの塩焼きは、美味だった。その理由は、第6回銚子さんまマラソンで、自己記録を更新したからです。記録証の記述をたどれば、次のようになります。種目 ハーフ男子60歳代 記録 1時間 46分 27秒 ネットタイム 1時間 45分 42秒(参考) 部門順位 11位 順位は 速報値です。とあるからです。天候に恵まれた千葉科学大学をスタートしたのが、9:30分、自分なりに走ってみました。フォームを改造してからは2度目の試合になります。折り返し地点が来ても、大きな時計は見当たらず、自分の半分の記録はわからず三昧、もちろん、時計を自分が身に着けていなからではあるが。後半の坂を上り、わからないままに後半を走った。ゴール近くになっても、ラストスパートは掛けなかったゴールが以前とは変わっており、そのままゴール、上記の、記録となった。うれしかった。水と、スポドリとバナナ、ミニトマトをもらい、サンマの塩焼きに並び、しばらくしてゲット、全くうまいサンマとなった。一緒に走ったH氏も48分の自己記録を出して、大いに盛り上がった大会になった。今は、うまいビールと焼酎を飲んでいる。明日は、仕事だ。

6 コメント